再進学をお考えの皆様へ

大学生・短大生・社会人・フリーターの方へ
仙台大原はあなたの挑戦をバックアップします!

すでに高校を卒業しているけど、もう一度、目標に向かって学び直したい。

仙台大原には、大学・短大・専門学校・社会人・フリーターなどを経て、再進学をしている方が多数いらっしゃいます。

ぜひ、みなさんも仙台大原で憧れの職業を本気で目指してみませんか!

[1] 本校在校生の約14%が高校既卒者です。

再進学をされた方の中には大学・短大生、専門学校生、社会人、フリーターなど様々な経歴の方がいらっしゃいます。

様々な資格を取得し、一般企業で働きたい。公務員試験にチャレンジして、地元で働く公務員を目指したい。

そんな夢を持った高校既卒の方が多数在籍しているので安心です。

既卒者・新卒者割合 年齢別割合

[2] 仙台大原の就職率

大原では民間企業の試験スケジュールに合わせて、学生の希望職種に応じた就職指導で万全の準備を進めています。

これまでの就職実績や卒業生の活躍で、安定した求人数を各企業様より頂いております。

平成28年4月1日現在

平成27年度就職実績就職率 

99.3

(就職希望者424名中→就職決定者421名)※公務員も含む

就職実績はこちら

[3] 仙台大原の公務員合格率

公務員試験の出題傾向を分析し、大原独自のオリジナルテキストと熱心な先生の授業で、毎年多くの公務員合格者を輩出しています!

平成28年4月1日現在

平成27年度就職実績 一次試験合格率 

95.0

(受験者238名中→合格者226名)※のべ721名合格

平成27年度就職実績 二次試験合格率 

81.0

(受験者226名中→合格者183名)※のべ308名合格

公務員合格実績はこちら

[4] 再進学者の声

行政公務員学科 国家公務員(大学卒業程度)コース
佐藤 史崇さん(入学当時22歳)
  • 内定先:厚生労働省
  • 経歴:盛岡第一高校卒業→北海道大学卒業→仙台大原入学
-- 再進学先として仙台大原を決めた理由は何ですか?
震災を経験し市民のために働く公務員に、強いあこがれを持ちめざしたいと考えるようになりました。大学卒業程度の試験区分では『専門試験』が出題されます。仙台大原に再進学を決めたのは、その専門試験科目の学習環境が整っていて、しっかりと勉強ができると思ったからです。
-- 再進学してよかったと感じることは?
先生やクラスメイトと目標達成に向けて、精一杯努力をする経験ができたことです。みんなで自主的に集団討論の練習をしたり、クラス全体で試験対策に取り組んだのは良い思い出です。年齢的なことでクラスに馴染めるか不安はありましたが、希望の公務員にも合格できましたし、充実した学校生活を送ることが出来ています。
-- 再進学を検討されている方にメッセージをお願いいたします!
私は入学前、独学も考えていました。しかし仙台大原に再進学を決め、学習したことで、勉強面でも人間的にもより一層成長できたのではないかと感じています。再進学をするという決断は悩みや不安も多いかと思いますが、自分としっかり向き合い、自分にとって一番の道を選択してください!
行政公務員学科 国家公務員(大学卒業程度)コース
千葉 優さん(入学当時21歳)
  • 内定先:国税専門官
  • 経歴:一関第一高校卒業→首都大学東京中退→仙台大原入学
-- 再進学先として仙台大原を決めた理由は何ですか?
公務員をめざすにあたり独学では限界があると感じ、専門的な勉強ができる環境で学びたいと思ったからです。自宅からも通学でき、両親からも薦められた仙台大原に再進学を決めました。
-- 授業やクラスの雰囲気はどうですか?
私自身最初はクラスに馴染めるか不安がありましたが、周りの学生も年の差を気にせず気軽に話しかけてくれたので、すぐに馴染むことができました。また、授業での疑問点などはすぐに解消できる環境で、分からないことを分からないままにすることなく対策を進められたので再進学をして勉強ができて良かったと感じています。
-- 再進学を検討されている方にメッセージをお願いいたします!
再進学を検討するということに不安や悩みはあってあたりまえだと思います。でも、安心してください。先生方・クラスメイトを含め、学校全体で学生を支えてくれるのが仙台大原です!
自分の可能性や選択肢も大きく広がる環境なので、チャレンジしてみる価値は十分ありますよ。
ビジネス学科 総合ビジネスコース
渡邊 章裕さん(入学当時21歳)
  • 内定先:株式会社ミニミニ
  • 経歴:白石工業高校卒業→就職→仙台大原入学
  • 主な取得資格:日商簿記検定2級、FP技能検定3級、全経所得税法2級、漢字検定1級、他多数
-- 再進学先として仙台大原を決めた理由は何ですか?
資格取得・就職において高い実績があることと、入学の2ヶ月前から簿記の授業を受けられることに惹かれ仙台大原に進学を決めました。
私は工業高校出身で、簿記は初心者であったため入学前に簿記の基礎を固められたことはとても助かりましたね。自分の取りたい資格を選んで幅広く勉強できるところも魅力でした。
-- 再進学してよかったと感じることは?
大原入学後は簿記・宅建士・FPなど、さまざまな分野の勉強に取り組みました。それによって自分の視野が広がり、スキルアップにつながったことはもちろん、勉強した中でも一番関心を持った不動産系の企業に内定をいただくことができたことに喜びを感じています。
-- 再進学を検討されている方にメッセージをお願いいたします!
まずは“こうなりたい!”という自分のビジョンを思い浮かべてみてください。そしてそれに向かって行動してみる!
私はその結果再進学することを選び、思い描く自分のビジョンに向かってまっすぐ努力することができました。
税理士会計士学科 公認会計士コース
松田 洋侑さん(入学当時23歳)
  • 公認会計士合格に向けて勉強中!
  • 経歴:山形市立商業高校卒業→就職→仙台大原入学
  • 主な取得資格:日商簿記検定1級、全経簿記検定上級、電卓検定2級、他多数
-- 再進学先に仙台大原を決めた理由は何ですか?
税理士会計士をめざすことができる専門学校のパンフレットをいくつか見比べてみて、一番自分に合ったスタイルで勉強に取り組むことができそうだと感じたのが仙台大原でした。簿記は高校時代に学習した経験があり、自分が得意なことを仕事にしたいと思ったことが再進学のきっかけです。
-- 授業やクラスの雰囲気はどうですか?
自分と同じくらいの年齢の方もいるのでクラスにはすぐに馴染むことができました。同じ目標を持った仲間と勉強も息抜きも本気で取り組んでいるので学生生活は全力で楽しんでいます!また、行事やイベントを通じてクラスメイトとの仲も深めることができました。様々な年齢の方と関わり、みんなで一つのイベントを作り上げていくことができることも専門学校だからこそできる貴重な体験の一つだと考えています。
-- 再進学を検討されている方にメッセージをお願いいたします!
まだ目標が見つかっていないという方も、この目標があるからこの勉強がしたいという方もたくさん悩みを持っていると思います。そんな中で、自分にとって何が一番プラスになるのか、そのためにどんな事をしていきたいのかを見つめ直してください。そうすれば自ずと自分なりの答えが出てくると思いますよ!

[5] 充実の学費支援制度

学費のサポート体制も充実。学費面も最大限バックアップします。

  • 情報公開