特別奨学生制度

取得資格による特別奨学生

認定ランクと免除金額

認定ランク 免除内容
A 学納金から132万円免除(1年コースの場合68万円)
B 学納金から66万円免除
C 学納金から33万円免除
D 学納金から16万円免除
E 学納金から8万円免除
F 学納金から4万円免除
備考
  1. 特別奨学生制度5種類のうち複数の同時受験が可能です。認定ランクは1種類・最も高いランクが適用となります。
  2. 免除額は全て入学後の学納金から免除いたします。(入学手続時の学納金に充てることはできません)
  3. 本制度は入学試験ではありません。ランク認定しなかった場合でも入学できます。また、本制度の結果が入学選考に影響することもありません。
  4. A・Bランクに認定された方で入学後の出席状況及び授業態度(半期ごと)により奨学生として不適当と判断された場合は恩典を打ち切ることがあります。

取得資格による特別奨学生

応募資格
  1. 高校卒業または満18歳までに下記の資格・検定を取得した方。
  2. 本校に入学する方。
※出願後に取得の場合は、「合格証」または「合格証明書」のコピーを提出してください。
認定方法

提出書類の確認

※本校が指定した資格・検定の取得の確認によりランクを認定をします。
※入学選考(書類選考)の際に確認します。

受付期間 平成28年10月3日(月)〜平成29年4月5日(水) 必着
※AO入学制度で出願する方は、9月15日(木)から受付を開始いたします。
提出書類

該当する資格検定の「合格証」または「合格証明書」のコピー

※入学願書(募集要項P28)裏面の「取得資格特別奨学生希望」欄の資格検定名をチェック( )してください。
※「認定試験」や「部活動」の特別奨学生試験も同時に受ける方は、それぞれ要項にそって書類を提出してください。

結果通知

結果は本人宛に郵送します。(入学選考結果に同封します)

※電話等による問い合せには応じません。

認定資格
検定名

認定ランク
資格・検定名 認定ランク
日本商工会議所 簿記検定1級 Aランク
全国経理教育協会 簿記能力検定上級
経済産業省 応用情報技術者(旧 ソフトウェア開発技術者)
日本電卓技能検定協会満点名人
日本電卓技能検定協会名人位 Bランク
経済産業省 基本情報技術者 Cランク
全国商業高等学校協会 5種類以上1級
全国商業高等学校協会 3種類以上1級 Dランク
日本商工会議所 簿記検定2級
日本商工会議所 販売士検定2級
日本英語検定協会 実用英語技能検定準2級以上
日本漢字能力検定協会 日本漢字能力検定2級以上
日本電卓技能検定協会 電卓検定3段以上
公務員試験一次合格
全国経理教育協会 簿記能力検定1級
経済産業省 ITパスポート試験
全国商業高等学校協会 簿記実務検定1級 Eランク
全国商業高等学校協会 情報処理検定1級(各部門)
全国商業高等学校協会 コンピュータ利用技術検定
日本商工会議所 販売士検定3級
全国工業高等学校長協会 情報技術検定1級
日本電卓技能検定協会 電卓技能検定有段者
実務技能検定協会 秘書技能検定2級
危険物取扱者乙種4類
全国高等学校家庭科教育振興会 被服製作技術検定1級
全国高等学校家庭科教育振興会 保育技術検定2級(全種目合格のこと)
全国高等学校家庭科教育振興会 食物調理技術検定2級
日本ビジネス技能検定協会
  • 医療事務基礎検定試験
  • ビジネスマナー基礎検定
  • 販売接客基礎検定
Fランク
免除金額の
取扱い
特別奨学金として認定された場合は、免除金額を全て入学後の学納金に充当いたします。
「入学手続時納入金」からは免除いたしません。
備考 申込みされる資格・検定は、主催団体を必ず確認してください。
  • 情報公開