学科紹介

情報システム学科|高度情報システムエンジニアコース

【3,4年制/男女】

情報化社会を支えるプロフェッショナルをめざそう!
経済産業省のハイレベルな国家資格に挑戦できます。

写真
「なりたい」将来の職業
  • プロジェクトマネージャ
  • ネットワークエンジニア
  • セキュリティアドミニストレータ
  • システムエンジニア
  • テクニカルエンジニア
  • アプリケーションエンジニア

Appeal Point

POINT 1
優れた情報処理技術者をめざして国家資格に挑戦

「応用情報技術者」や「高度試験」にもチャレンジ。情報処理技術者としてのハイレベルな知識とスキルを身につけます。

POINT 2
基本情報技術者の午前試験免除が合格への近道!

経済産業省の認定を受けており、授業への出席率及び試験の得点が基準を満たすと、本試験で午前試験が免除されます。

Teacher Voice

写真
「実践的な知識を身につけ、より高度な国家試験に合格して、
情報系のスペシャリストをめざしましょう!」
このコースは経済産業省の高度な国家資格を取得し、多彩に変化していく技術に対応できる人材をめざします。情報系の勉強が初めての人でも着実にステップアップし、高度な試験まで挑戦することが可能です。大原のオリジナル教材と受験対策のノウハウは万全ですので、合格をめざして一緒に頑張りましょう。また、国家資格があれば就職試験で有利になり、就職してからも高い評価をもらうことができます。
大野 直哉先生

「取得したい」メイン資格・検定

  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • ネットワークスペシャリスト

ピックアップ授業 「授業の特長を紹介」

基本情報技術者

午前試験免除によりチャンスが広がります

基本情報技術者試験は、知識を問う午前試験と応用能力などを問う午後試験が、それぞれ150分行われます。事前に午前試験免除の認定を受けることで午後の試験に専念できます。午前試験免除の有効期限も1年ですので、合格の可能性が高まります。

システム開発演習

開発の基礎から実践的に学び、即戦力をめざします

システム化の要望をまとめ、設計・プログラミング・テストという過程で、実務と同じように開発を進めます。C言語やJava言語を学んだ後に演習を通じて実践力が習得できます。

カリキュラム

タイムスケジュール

  • 情報公開